子どもさんにやさしく、お母さんに親切な診療を。カバ先生がいる太宰府のまつもと小児科です。

まつもと小児科へようこそ!
まつもと小児科へのお問い合わせ番号092-929-1358

まつもと小児科への
ご予約・お問い合わせはこちらまで

まつもと小児科「予防接種」

生後2ヶ月を過ぎたらワクチンデビューを!!!

今では予防接種の種類が増えたこと、お母さんからもらった免疫が無くなる生後5-6ヶ月までに予防接種で免疫を付けることが大切であることより、生後2ヶ月を過ぎたらすぐに予防接種を始める事が強調されています。何から始めるか、どの順番がよいのか、早いうちに相談しましょう。生まれたばかりの赤ちゃんや、もうすぐお母さんになる人は、なるべく早く相談に来てください。予防接種の種類や接種のスケジュールについて、一緒に考えましょう。

□□□ お知らせ □□□

B型肝炎ワクチンが、平成28年10月1日(水)より定期予防接種に追加され、対象の方は無料で接種が受けられます。
詳しくはこちらをご覧下さい。
まつもと小児科ブログ「B型肝炎ワクチンの定期化について」
太宰府市Web広報より(PDFデータ)

予防接種の時間帯は、基本14時〜15時です。

まつもと小児科では、予防接種の時に病気の子どもたちと接触しないように、診療時間を分けています。平日の午後14時〜15時の間は健診や予防接種を優先し、一般診療を制限しています。なるべくこの時間に予防接種においでください。15時以降も16時までは予防接種も受け付けていますが、その場合一般診療と並行して行います。時間の都合がつきにくい方は、院長までご相談ください。

詳しくはこちら「診療時間のページへ」

予防接種の種類

【無料】 以下の予防接種は、無料で受けられます。(年齢の制限などがあります。)

  • BCG
  • 四種混合
  • 三種混合
  • 水ぼうそう
  • 二種混合
  • 麻しん・風疹混合
  • 麻しん
  • B型肝炎
  • 風しん
  • 日本脳炎
  • 不活化ポリオ
  • ヒブワクチン
  • 肺炎球菌ワクチン
  • 子宮頸がん予防ワクチン

【有料】 以下の予防接種は、ご家族の希望により接種可能です。

  • 水ぼうそう
  • おたふく風邪
  • インフルエンザ
  • B型肝炎
  • ロタワクチン

予防接種のQ&A

予防接種に関するよく頂くご質問にお答えしています。

よくある質問 答え

Q1

予防接種を受けた後の運動や入浴はしていいでしょうか?

A1

予防接種後30分は安静にして、子どもさんの様子を観察しておいてください。それ以降は普通の遊びや運動は差し支えありませんが、激しい運動は避けてください。
入浴は発熱がなければ普通通りに可能です。注射部位はこすらないようにしてください。

Q2

同時接種は大丈夫でしょうか?

A2

予防接種は単独で受けても数種類同時に受けても、副反応の頻度や程度は変わらないといわれています。逆に一つずつ受ける場合には、すべての接種が終わるまでに時間がかかり、その間は赤ちゃんの病気に対する抵抗力が不十分なため、多くの小児科医は、赤ちゃんが病気にかかる危険性が高い状態にあることを心配しています。

Q3

病気が治った後、どのくらい経過すれば予防接種を受けることができますか?

A3

病気の種類で多少の違いがあります。麻しんの場合は治癒してから4週間、おたふくかぜや水ぼうそうの後は2-4週間、一般的な風邪程度でしたら治癒後1-2週間といわれています。病気の程度や患者さんの状態にもよりますので、日ごろから病気の時も予防接種もかかりつけの先生に相談し、総合的に判断してもらうのがよいでしょう。